« 時間の使い方 | トップページ | 自分の肩書き »

2009年8月 3日 (月)

良縁

私は凡庸で愚鈍者なので、気の毒に思った神様が、情けをかけてくれたらしく、人との良縁に恵まれている。
社会に出てから、様々な職場で働いたが、不遜な上司、愚痴や不平不満ばかりを口にする同僚、腹黒い人間が集まる場所など、自分の希望とは程遠い職場では、どんなに高給で、やりがいを感じる職種でも、解雇されてきた。
そして、解雇したその企業や職場は、私の退社後数週間で、取り返しのつかない事件が勃発したり、大口取引が無くなったりしているのである。

ものを書き出してからも、どんなに誠実に仕事をし、滞りなく上梓できても、札付きと悪評高い編集者からのオファーは二度と無い。
大手出版社の編集部では、ノーギャラでも書きたい記事があったが、不採用だったことがある。そのときは少々気落ちしたが、後日、その編集部を退社した編集者から内部事情を聞いて、行かなくてよかった、というより先出の神様が行かないようにしてくれたのだ、とさえ思ったほどだ。

ご縁のない人は、こちらが縁を結ぼうとしても、私の解雇や相手の転勤・辞職で異動して行ったり、自然に連絡が取れなくなる。結果、良縁でのみ繋がった人たちが、私の周りにはいてくれるのだ。

不誠実な相手と苦しい思いをしながら続けていくよりも、相手を大事に思う人とのおつき合いを、より大事にしてゆきたいものである。望んだところで、悪い縁は育たないし紡げない。
仕事は、やりがいやキャリアも必要だが、その仕事を通じて出逢えた貴重な良縁も、必要なのである。

こうして紡いでいく良縁は、凡庸で愚鈍者の私には、
お金で買えない一生の財産だ。

« 時間の使い方 | トップページ | 自分の肩書き »

【ゆっきぃ】」カテゴリの記事

コメント

――ですね。
僕も様々な出会いが日々ありますが、それは全て必然であり、その後関係が続くかどうかは“縁”だと思っています。
ただ、僕の場合は相手が裏のありそうな方でも気にせずに付き合います。
そして、まずはどんな人にでも与えるという姿勢を貫くようにしています。
そうすると、割と人の本性というのは手に取るようにわかります。
どうですか?

私の場合、相手に裏があったり腹黒かったりすると、いくらこちらが仲良くしようと思っても、相手側から嫌われますweep
プライベートではいいかもしれないけど、
仕事では損かもしれませんね。bearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046010/30809788

この記事へのトラックバック一覧です: 良縁:

« 時間の使い方 | トップページ | 自分の肩書き »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ